マーケットコメント


マーケット情報

2021-04-21

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

21日、窓をあけて大幅安で始まり、日経平均は一気に75日MAを下回って終了

21日、国内の新型コロナウイルスの感染拡大や米国株安を受け、前日の大幅安の流れが継続する格好となり、東京市場は連日の大幅安で始まった。日経平均は窓をあけて3月24日の安値に接近して始まると、一旦買い戻される場面があったが、買いが一服すると再び売り物に押されてさらに下げ幅を広げる展開となった。また、ボリンジャーバンドの下向きに変化した-2σを下回り、そのまま小陰線を形成して終えた。一方TOPIXは75日移動平均線を下回って始まったことに加え、ボリンジャーバンドの-3σを下回って終えた。さらに日経500は、3月8日の終値ベースの安値を下回るなど、直近の安値を下回って終えており、明日以降反発して戻りが続くかが注目される。

【以下、会員向けコメント】
今日の東京市場は大幅続落となりました。日経平均、TOPIX、日経500の3指数ともに窓をあけて下落して始まったあと、取引開始時は少し下げ渋りましたが、その後は下げ幅を広げる展開となり、午後も戻すことができずに終える結果となっています。そのため、明日以降値幅を伴う反発が続くかが注目されます。仮に反発が続いて窓を埋めたり、窓を埋めたあと75日移動平均線を上回って維持したりするようですと、下げ止まることが期待される反面、戻っても限定的で75日移動平均線上を回復できなかったり、下落が続いたりするようですと、安値を探る展開が続くことが考えられますので、引き続き押し目買いは控えるようにしたいところです。

※22日、00時56分更新