マーケットコメント


テクニカル分析

2020/07/22

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

22日、3日ぶりの反落。後場に下げ幅を広げ小陰線を形成して終了

22日、日経平均、TOPIXともに反落して始まったが、日経平均は5日移動平均線上を維持して始まると、5日移動平均線をサポートに狭いレンジでのもち合いとなった。午前中は小幅安で終えたが、午後に入るとさらに下げ幅が広がり、5日移動平均線を下回ると、下回ったまま今日の安値圏で終えた。一方TOPIXは取引開始後に下げ幅を縮めた場面で、下向きの5日や200日移動平均線に接近する場面があったが、押し返されて上向きの25日移動平均線に接近して終えた。両指数ともに取引終了にかけての売り圧力の強さに押され、上ヒゲ陰線を形成しており、連休明けの東京市場で下落が続くかが注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)