マーケットコメント


テクニカル分析

2020/06/30

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

30日、反発、日経平均、TOPIXの月足は、上ヒゲ陽線と上ヒゲ陰線で終了

30日、米経済指標の結果が予想を上回り、米主要株価指数やドルが上昇したことが好感され、東京市場は反発して取引が始まった。日経平均は下向きの5日移動平均線上を回復して始まり、一時25日移動平均線を上回るなど強含んだが、取引終了にかけてまとまった売り物が出て押し返され、5日、25日移動平均線の両方を割り込んで終え、日足では上ヒゲ陰線、月足で上ヒゲ陽線を形成した。一方TOPIXも、5日移動平均線上を回復して始まったあと、25日移動平均線に接近する場面があったが届かず、そのまま押し返されると、5日と25日移動平均線の両方を下回り、日足では小陰線、月足では上ヒゲ陰線を形成して終えている。明日から7月相場入りとなるが、水準を切り上げてスタートできるかが注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)