マーケットコメント


テクニカル分析

2020/06/26

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

26日、3日ぶりの反発、日経平均は5日MA上を回復するもTOPIXは戻し切れず

26日、米主要株価指数の反発が好感され、東京市場も反発して取引が始まった。日経平均は前日の高値をわずかに上回って始まり、一旦窓を埋める場面があったが、上向きの25日移動平均線に接近したところで切り返すと、じわじわと上げ幅を広げ、5日移動平均線を上回った。また、午後に入ってからも上げ幅を広げ、24日と25日のあいだにあけた窓を埋めて22,589円まで上昇したが、週末とあって取引終了にかけて伸び悩んでおえた。そうしたなか、日経平均は5日移動平均線上を回復して終え、TOPIXも5日移動平均線をかろうじて上回ったが、5日と25日移動平均線がデッドクロスしていることに加え、25日や200日移動平均線まで戻し切れずに小陽線を形成して終えている。TOPIXと日経平均の戻りの違いが目立つ格好となるなか、休み明けの配当落ち後の動向が注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)