マーケットコメント


テクニカル分析

2020/03/18

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

18日、上昇して始まるも下向きの5日MAに押し返され上ヒゲ陰線を形成

18日、米政府や同財務相の資金繰り支援が発表されたことが好感され、NYダウなど主要株価指数が大幅高で終えていたことが買い材料となり、東京市場は買い先行で始まった。日経平均、TOPIXともに上昇して始まり、TOPIXは下向きの5日移動平均線を上回って始まった。その後一時上値が重たくなって上げ幅を縮めたあと、5日移動平均線に接近する場面があったが、切り返して上げ幅を広げ、今月12日と13日のあいだにあけた窓を埋める水準まで上昇する場面があった。一方、日経平均もTOPIXの上昇に引っ張られてわずかに5日移動平均線を上回ったが、値を保つことができず押し返されたところでダウ先物の急落が足を引っ張る格好となり、マイナスに沈み上ヒゲ陰線を形成して終えた。一方TOPIXも上ヒゲ陰線を形成したが、こちらはかろうじてプラスを維持し、続伸で終えている。明日以降、両指数ともに今日の上ヒゲを跳ね返せるかどうかが注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)