マーケットコメント


テクニカル分析

2019/10/02

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

2日、反落となるも両指数ともに23.6%押しの水準を維持して終了

2日、米経済指標の悪化を受け、NYダウなど米主要株価指数が下落していたことが嫌気され、東京市場も反落して取引が始まった。日経平均、TOPIXともに8月安値から9月高値までの値幅の23.6%押しの水準を下回って始まると、その後は下げ渋る展開となった。また、午後に入ってから日経平均がこの水準を上回って維持すると、TOPIXも下げ幅を縮め、両指数ともに23.6%押しの水準を維持したまま取引を終えた。両指数ともに23.6%押しの水準がサポートになっているものの、引き続きこの水準を終値で維持できるかが注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)