マーケットコメント


テクニカル分析

2019/06/12

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

12日、上ヒゲを形成し4営業日ぶりの反落となるも25日MA上を維持して終了

12日、NY市場の反落や前日までの上昇の反動から東京市場は売り先行で始まった。日経平均株価、TOPIXともに売り先行で始まったものの下向きの25日移動平均線上を維持すると、売り圧力が弱まりすぐに切り返してプラスに浮上する場面があった。またプラスに浮上する場面では前日の高値を上回るなど強含んだが買いが続かず伸び悩むと、上げ幅を縮めて午前の取引を終えた。一方午後に入ってからもプラスを維持してスタートしたものの、午前の高値を更新できずに推移するなど上値の重たさが嫌気されると売り物に押されてマイナスに沈み、取引終了にかけて下げ幅を広げて終えた。ただ、売り先行で始まった取引開始時の水準で終えるとともに25日と5日移動平均線上を維持して終えている。またTOPIXは上向きの5日と下向きの25日移動平均線のクロスが発生するなか、25日移動平均線が上向きに変化するまで維持できるかが注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)