マーケットコメント


テクニカル分析

2019/06/06

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

6日、下向きの5日MA上を維持したまま終えるも小幅反落で終了

6日、取引開始前にアメリカとメキシコの不法移民問題に関する協議で進展が見られなかったと伝わったことから売り先行で始まった。日経平均株価、TOPIXともに小幅な反落で始まると、その後すぐに切り返してプラスに浮上するなど持ち直す展開となった。ただTOPIXはマイナス圏に沈んだまま推移するなど弱含むと、上値の重たさを嫌気した売りものに押され、日経平均株価も取引終了にかけて売りものに押され小幅なマイナスに沈んで終えた。そうしたなか両指数ともに下向きの5日移動平均線上を維持して終えているが、日経平均株価は上ヒゲ陽線を形成し、TOPIXは上ヒゲ陰線を形成するなど値動きが分かれる結果となっている。明日以降も5日移動平均線上を維持すると同時に5日移動平均線が上向きに変化するかが注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)