マーケットコメント


テクニカル分析

2019/05/09

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

9日、4日続落。日経平均は一時75日MAを割り込むも終値で維持して終了

9日、前日の大幅安の流れが止まらず、東京市場は売り先行で始まった。日経平均株価は21,500円を割り込んで始まると、そのまま下げ幅を広げる展開となり午前の取引終了前には21,315円をつけるなど一時上向きの75日移動平均線を割り込む場面があった。一方午後に入ってからは買い戻しで下げ幅を縮めたものの75日移動平均線上を維持するのがやっとで、陰線のコマを形成して終えた。一方TOPIXはボリンジャーバンドの下向きの-3σを下回って終えており、下落の流れが継続する展開となっている。明日、日経平均株価も終値で75日移動平均線を割り込むようだと下落の継続が考えられる反面、米中貿易協議の結果次第では買い戻されることも考えられ、下げ渋ったり、反発して始まったりした場合、売り方は注意が必要になりそう。
(インベストラスト会員向けコメントあり)