マーケットコメント


テクニカル分析

2019/04/10

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

10日、貿易摩擦懸念が広がり日経平均は5日MA割れ、TOPIXは一時25日MAを下回る

10日、トランプ大統領がEUからの輸入製品に対して関税を導入すると表明したことが米欧の貿易摩擦懸念につながり、NYダウが190ドル安で終えていたことなどが嫌気され、東京市場は窓をあけて下落して取引が始まった。日経平均株価はあっさり5日移動平均線を割り込んで始まったが、横ばいで推移する25日移動平均線に接近したことやTOPIXが横ばいで推移する25日移動平均線を割り込んで始まったことから直ぐに切り返すと、徐々に下げ幅を縮める展開となった。また、TOPIXが25日移動平均線上を回復すると、さらに下げ幅を縮める展開となり、TOPIXは25日移動平均線上を終値で維持すると同時に両指数ともに小陽線を形成して終えた。ただ、日経平均株価は5日移動平均線を下回って終えており、両指数ともに5日移動平均線が上値の抵抗になるようだと下落への警戒が必要になりそう。
(インベストラスト会員向けコメントあり)