マーケットコメント


テクニカル分析

2019/01/10

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

10日、4日ぶりの反落となるも両指数ともに5日移動平均線上を維持して終了

10日、NYダウなど主要株価指数は4日続伸で終えていたものの、円高が嫌気され東京市場は売り優勢で始まった。取引開始から下げ幅を拡大すると、両指数ともに上向きの5日移動平均線に接近するところまで下落が続いた。ただ、5日移動平均線を下回るような売り圧力は見られず、わずかに下げ渋って終えた。両指数ともに小陰線を形成しており、明日5日移動平均線を割り込んで始まるようだと警戒が必要になりそう。
(インベストラスト会員向けコメントあり)