マーケットコメント


テクニカル分析

2018/11/02

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

2日、大幅反発。上向きの5日MA上を維持して始まり大陽線を形成して終了

2日、海外市場の上昇が支援材料となって日経平均株価、TOPIXともに上向きの5日移動平均線上を維持して小幅高で始まった。その後日経平均株価は22,000円台を回復したあと利益確定と見られる売り物に押されて午前の取引を終えた。また午後に入ってからも上値が重く、TOPIXは一時マイナスになるなど弱含む場面があったが、13時45分頃「トランプ米大統領が貿易をめぐる中国との合意草案の作成を関係閣僚に指示した」と一部の報道が報じたことから買い戻しや買いが入って持ち直すと、午前の高値をあっさりと上回り、下向きの200日移動平均線に接近して大陽線を形成して終えた。休み明けの東京市場で5日移動平均線上を維持できるかが注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)