マーケットコメント


テクニカル分析

2018/10/04

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

4日、反発して始まるも値を保つことができず、日経平均も5日MAを下回って終了

4日、NYダウの最高値更新やドルの上昇を好感して日経平均株価、TOPIXともに反発して始まった。ただ両指数ともに取引開始時の価格が高値になると、その後は徐々に上げ幅を縮める展開となり、日経平均株価はマイナスに沈んで午前の取引を終えた。一方TOPIXはプラスを維持していたものの、午後に入って売りものが膨らみ日経平均株価が下げ幅を広げるとTOPIXもマイナスに沈んだ。またTOPIXは切り返して一旦プラスに戻す場面があったが下向きに変化した5日移動平均線上を維持できずに結局マイナスで終え、前日の安値も下回った。これまで指摘してきたようにモメンタムの逆行現象が先行指標として機能しているが、明日以降、両指数ともに0ラインを割り込むのかどうかが注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)