マーケットコメント


テクニカル分析

2018/09/10

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

10日、日経平均、TOPIXともにサポートライン上で反発し小陽線を形成して終了

10日、日経平均株価、TOPIXともに売り先行で始まった。ただ、両指数ともに3月26日と7月5日のローソク足の実体と実体を結んだ上向きのサポートライン上を維持すると、直ぐに反発する展開となった。またTOPIXは先週末の高値を上まると6日と7日のあいだにあけた窓を埋めたほか、日経平均株価は75日移動平均線や25日移動平均線に接近するところまで上昇する場面があった。ただ積極的な買いが入らずに伸び悩み、小陽線を形成して終えた。下向きの5日移動平均線が接近しており、両指数ともに一気に上回ることができるかや、日経平均株価が25日や75日移動平均線上を回復できるかが注目される。
(インベストラスト会員向けコメントあり)