マーケットコメント


テクニカル分析

2018/04/16

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

16日、小幅は続伸。方向感のない値動きで両指数ともに小陰線を形成して終了

16日、米英仏によるシリアへの攻撃が先週末に実施されたことを受け、東京市場への売り圧力が警戒されたが、日経平均株価は小幅高で始まったあと狭いレンジでの方向感の無い値動きとなった。また、午後の取引が始まったところでは売り物に押されて一瞬マイナスに沈む場面があったが、上向きの5日移動平均線がサポートになると、そのまま持ち直して終えた。上向きの5日移動平均線上を維持しており、下向きの75日移動平均線に接近するのかが注目される。
(会員向けコメントあり)