マーケットコメント


テクニカル分析

2018/01/11

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

11日、下落となるも両指数ともに陽線を形成して終了

11日、円高が嫌気され、日経平均株価、TOPIXともに売り先行で始まった。また取引が始まると下げ幅を広げ、両指数ともに上向きの5日移動平均線を下回る場面があった。売りが一巡すると下げ渋って両指数ともに5日移動平均線を上回ったが、日経平均株価は戻しきれず、5日移動平均線を終値でわずかに下回って終えた。両指数ともに5日移動平均線が急角度で上昇していることから、サポートになることが期待される反面、下向きに変化するかが注目される。
(会員向けコメントあり)