マーケットコメント


テクニカル分析

2018/01/09

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

9日、年始からの3日続伸となるも下ヒゲ陰線を形成して終了

9日、NYダウが小幅安で終えていたものの取引開始前から先物に買いが入り、日経平均株価、TOPIXともに窓をあけて上昇して始まった。3営業日連続の窓あけとなるなか、日経平均株価は24,000円にあと48円弱まで迫る場面があったが、ボリンジャーバンドの+3σを上回っていたこともあって直ぐに伸び悩む展開になると、上向きの+3σを割り込むところまで上げ幅を縮める場面があった。ただ、商いが高水準だったことで売り物を吸収する形となったことに加え、+3σがサポートになって持ち直すと取引終了にかけても値を保ち、結局+3σを上回って終えた。一方、TOPIXは+2σを上回って推移したものの+3σには届かなかった。また、両指数ともに3営業日連続で窓をあけていることに加え、今日のローソク足が陰線を形成しており、明日の動向が注目される。
(会員向けコメントあり)