マーケットコメント


テクニカル分析

2017/06/05

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

5日、日経平均株価、TOPIXともに売り先行で始まったあと持ち直して陽線を形成

5日、日経平均株価、TOPIXともに小幅安で始まった。両指数ともにボリンジャーバンドの+2σを下回って始まったあと、一時下げ幅を広げる場面があったが売り込む動きは見られず、切り返す展開となった。また、両指数ともに午前の高値を更新すると、+2σ上を回復する場面があったが、日経平均株価は押し返されて+2σを下回って終えた。ただ、TOPIXは+2σ上を維持したほか、両指数ともに陽線を形成して終えており、高値圏でのもち合いが継続する格好となっている。両指数ともに前日の高値を更新できなかったことや小動きとなっていることから、上値が重たく感じられるものの外部環境次第では上げ幅を拡大する可能性があるパターンと考えられ、売り方は明日以降の値動きに注意が必要になりそうだ。
(会員向けコメントあり)