マーケットコメント


マーケット情報

2020/02/12

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

12日、まちまち。SBGの上昇が日経平均を押し上げ、TOPIXは3日続落で終了

12日、祝日明けの東京市場は、海外市場の上昇もあって小幅高で取引が始まった。ただ取引が始まったあとTOPIXはマイナスに沈んだが、日経平均はソフトバンクGの上昇が指数を支える格好となり、ハイテク株の上昇も手伝って23,800円台に乗せる場面があった。買い一巡後に日経平均は上げ幅を縮めたが、東京エレクトロンやアドバンテストといった指数への寄与度の高い銘柄が午後に入っても上げ幅を広げたことから持ち直し、23,869円をつけるなど一時183円高となるなか、今日の高値圏で終えた。一方TOPIXは小幅安で終えている。そうしたなか業種別では、情報・通信、その他金融、電気機器、証券、商品、精密機器など8業種が値上がり。一方値下がりは、ゴム、建設、電気・ガス、鉱業、紙・パルプ、保険、空運など24業種で、海運が変わらずで終えた。また全市場の売買代金上位30銘柄では、ソフトバンクGがトップで+11.89%となったほか、川本産業(東証2部)も+14.29%と高く、アドバンテスト、レーザーテック、東京エレクトロンなども上昇した。一方値下がりは、スズキ、キヤノン、ブリヂストン、日経ダブルインバース、信越化学などとなっている。日経平均株価の終値は23,861円21銭、+175円23銭、TOPIXの終値は1,718.92ポイント、-0.72ポイント。売買高は概算で13億95百万株、売買代金2兆6,061億円。
(インベストラスト会員向けコメントあり)