マーケットコメント


マーケット情報

2019/09/06

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

6日、日経平均は4日続伸、TOPIXは続伸となり連日で2兆円を上回る

6日、米経済指標の結果が予想を上回ったことが好感され、NYダウやドルが上昇したことが東京市場の押し上げ要因となった。日経平均株価は買い先行となり21,200円台を回復して始まったあと、売り物に押されて21,145円をつけるなど上げ幅を縮める場面があったが、上海や香港の指数がプラスで維持していたことや、為替市場でドル円が107円を挟んだ値動きで安定していたことから売り込む動きは見られずに切り返すと21,241円をつけ、一時155円高となる場面があるなど持ち直し、結局今日の高値圏で終えた。そうしたなか業種別では、機械、卸売、輸送用機器、ガラス・土石、保険など17業種が値上り。一方値下がりは、電気・ガス、情報・通信、倉庫・運輸、鉱業、紙・パルプなど16業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、Klabの上昇が目立ったほか、積水ハウス、ダイキン工業、ホンダなどが高かった反面、楽天の下落が目立ち、ソフトバンクG、武田薬品、KDDIなども安かった。日経平均株価の終値は21,199円57銭、+113円63銭、TOPIXの終値は1537.10ポイント、+2.64ポイント。売買高は概算で11億48百万株、売買代金2兆0901億円。
(インベストラスト会員向けコメントあり)