マーケットコメント


マーケット情報

2017/10/05

  • カテゴリ一覧に戻る
  • マーケットコメント一覧へ戻る

5日、高寄りした後伸び悩み、日経平均は小幅4日続伸、TOPIXは4日ぶりの反落

5日、NYダウなどアメリカの主要3指数が3日連続で最高値を更新したしたことなどが好感され、東京市場は4日続伸で始まった。ただ、日経平均株価は小幅高で始まったあと上値が重く、買いが一巡すると徐々に上げ幅を縮める展開となりマイナスに沈んだ。その後は明日の夜に発表されるアメリカの雇用統計の発表を控え方向感が定まらず、薄商いのなか前日の終値を挟んだ狭いレンジでの小動きで終える結果となった。そうしたなか業種別では、水産・農林、食料品、石油・石炭、繊維、電気・ガスなど11業種が値上がり。一方値下がりは、保険、陸運、卸売、空運、精密機器、電気機器、鉄鋼、化学、紙・パルプなど22業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、石川製作所が+13.04%で値上がりが目立ったほか、フィード・ワン、シライ電子工業(ジャスダック)、アサヒグループHDなどが高かった反面、ジャパンディスプレイ、セイコーエプソン、ソニー、第一生命HDなどが安かった。日経平均株価の終値は20,628円56銭、+1円90銭、TOPIXの終値は1682.49ポイント、-2.07ポイント。売買高は概算で13億78百万株、売買代金は1兆9,940億円。
(会員向けコメントあり)